晴れやかネットとは

about-01患者さんは、ご自分の病気に応じて複数の医療機関を受診しています。このため、本人の検査結果や診察記録はそれぞれの病院などに保管されていて、他の医療機関では利用することができません。

「晴れやかネット」は、患者さんの同意のもとに、各医療機関に保管されている医療情報を高度に暗号化して、インターネットで結び、相互に共有することにより診療に役立てるための仕組みです。

このシステムは、いわば地域全体が一つになって患者さんの健康を見守るネットワークです。
about-img

関係施設の導入メリット

関係施設の先生が、晴れやかネットを導入することで想定されるメリットをイラストにしました。

【初診患者さんが診察に来た時・・・】
manga-a


【診療所から紹介する時・・・】
manga-b


【逆紹介の患者さんを受け入れる時・・・】
manga-c


【診察現場での説明-同意書-公開設定】
manga-d


患者さんのメリット

基幹病院で受けた検査結果や治療方針等が、身近なかかりつけの診療所等で閲覧できることにより、良質な医療サービスを利便性よく受けることができます。

既往歴や過去に受けた検査結果を詳しく説明できない場合も安心して診療を受けられます。

紹介時にレントゲンフィルムなどのデータを持参する必要がなくなります。

 

※開示施設ごとの公開内容はこちらをご覧ください。 → 開示範囲一覧表(2016.5.31)

Page TOP ▲